ABC/ABM

正式名称:Activity Based Costing / Activity Based Management
直訳通り、活動基準原価計算と活動基準管理と呼びます。製品コストを明確にするために間接費の計算方法として考え出されたものです。書類作成や受注処理といった業務活動ごとに担当者の時間当たりの人件費や作業時間、回数を調べてそれぞれのコストを算出します。最近では業務改革を進める手段や情報化投資の効果を測定するツールとして注目されています。特にコストを明確にする上でビジネスプロセス(平たく言えば作業手順)を調べるので、無駄な作業がわかります。また、間接費は直接費に一定の率で計算していた従来型の原価計算では規模が大きいほど間接費がかかったようになり、手間のかかる小さな仕事の実際の経費がみえてなかったのです。工事が小型化し、大型工事の受注が少なくなる中、無駄な作業を排除し、手間がかからない仕事と手間のかかる仕事をコストで明確にするABC分析は今後の原価には必須だと思います。

前の記事

MECE

次の記事

EVMS