4P

正式名称:Product,Price,Place,Promotion
直訳通り、製品、価格、場所、販促ですが、商品を販売する上でどのような要素を組み合わせるかをまとめたものです。これをマーケティング・ミックスといいます。それぞれはProduct製品戦略Price価格戦略Place流通戦略Promotion宣伝戦略に相当します。例えば、缶コーヒーのように製品・価格として他社と差別化を図れず、流通経路も大きく帰れないものは宣伝を効果的に行うことにより販売力をつけるとか、ビールのようにキリンが飲食店を流通経路として売り上げていたのに対し、アサヒがコンビニという新たな流通経路を開拓した結果、シェアが変わったとかいうように4Pのどこにポイントを置いて、自社の戦力を配置するかを考えることが重要だということです。建設業界は、なかなか4Pのような考え方で営業戦略を練るような土壌がありません。しかし、福祉や農業など新規事業に取組んでいらっしゃる業者の方は、ぜひ自社の能力を分析し4Pを構築してください。もちろん、建設業界内でも利用できると思います。

前の記事

CSS

次の記事

5F