CVS

正式名称:Concurrent Versions System
直訳すると合同作業での版管理の仕組みとなります。ファイルのバージョンを管理するソフトですが、主にプログラムの開発作業で使用されるのであまり一般的ではありません。プログラムに限らず共同執筆などにも利用できそうですが、私自身も詳しくはないのでおすすめというわけではありません。

前の記事

ISMS

次の記事

SOX