XSS

正式名称:Cross Site Scripting
直訳すると交差する場所の記述と少しわかりづらいのですが、ソフトウェアのセキュリティ問題の一つで、Webサイトの訪問者の入力をそのまま画面に表示する掲示板などのプログラムが、悪意のあるコードを訪問者のブラウザに送ってしまうことです。その結果、そのコードが別のサイトに問題を引き起こしたり、情報を流出させたりします。サイト自身が対策を施していないといつまでもなくならないのがこの問題の特徴です。普通に略するとCSSなのですが、同じCSSに有名な言葉があるためにXでクロスと読ませて略語にしているようです。

前の記事

COBIT

次の記事

IPS