WEP

正式名称:Wired Equivalent Privacy
直訳すると有線と同等の内密といった感じですが、無線LAN で採用されている暗号化の方式です。現在主流の製品では128bitの秘密鍵が用いられており、通信を行う双方で同じ鍵が登録されていないことには通信が行えないようになっています。残念ながら既にいくつかの脆弱性を指摘されているので決して安心とはいえないのですが、だからといって不要というわけではありません。最低限この設定を施した無線通信が必要だと思います。

前の記事

IDC

次の記事

CSRF