RSS

正式名称:Rich Site Summary
直訳すると豊富な場所の要約となりますが、Webサイトの見出しや要約文を記述するXMLベースの書式です。サイトの更新情報を配信する際に使います。これを所定の場所に保存しておくと、巡回ソフトや表示ソフトがそれを見に行くことによりWebサイトにいかなくても更新しているかが確認できるメリットがあります。逆にニュースサイトなどはこれを公開することでより多くの人に情報提供できることもできます。最近のブログなどはこれを自動生成できるものもあるのでぜひ利用してみてください。

前の記事

NT

次の記事

MNP