DMV

正式名称:Dual Mode Vehicle
直訳通り、2つの状態で走れる車両のこと。実際には軌道と道路の両方を走るバスのことをさします。JR北海道で開発が続けられていましたが、網走地方で2007年4月より試験営業を始めるようです。車両が軽いため線路に負担をかけないことや車両費、維持費も通常の鉄道車両より安いので赤字路線の切り札として注目されている。

前の記事

HSDPA

次の記事

UTM