CSV

正式名称:Comma Separated Values
直訳するとカンマ区切りの値という意味ですが、データを(“,”) カンマ(コンマという人もいます)で区切って並べた形式をいいます。異なる表計算ソフトやデータベースソフトでデータをやりとりしたいときによく使います。(表計算でまとめた住所録をアドレス帳や年賀状ソフトにわたす場合等)テキスト形式なので、エディターなどで簡単に編集できるのもメリットです。

前の記事

PMS

次の記事

RIA