URL

正式名称:Uniform Resource Locator
直訳すると均一な資源の位置となりますが、インターネット上のリソース(資源)のロケーション(位置)を示すときに使う記述様式。ほとんどの場合は、ウェブページのアドレスを示す場合に使われます。例えば、[http://www.mint-s.jp/index.php]なら、httpという手続きでwww.mint-s.jpというサーバーのindex.phpを表示してください。ということです。ちなみにmint-s.jpをドメイン名といい、wwwがサーバー名をさすのですが、最近はwwwを含まないサイトも増えてきており表現があいまいになっているようです。

前の記事

SCORM

次の記事

SEO