RCM

正式名称:Risk Control Matrix
直訳すると危険管理の鋳型といった感じですが、業務プロセスで起き得るリスク(危険)とそれに対応するコントロール(管理)の状況をまとめた文書です。内部統制を高めるということは起き得る危険性をちゃんと管理することです。それは業務プロセスと密接に関係しています。そのため、日本版SOX法ではこのRCMを報告書の中に含んで提出するようになっているようです。

前の記事

HTTP

次の記事

ES