RP

正式名称:Rapid Prototyping
直訳すると高速な試作品作成ですが、三次元CADと三次元プリンターや三次元スキャナーなどを組み合わせて、三次元CADデータが試作品としてそのまま形なるような仕組みです。コストダウンがすすみ、中小企業でも入手できるレベルになってきたため、急速に普及しつつあります。

前の記事

CKO

次の記事

TPO