LCM

正式名称:Life Cycle Management
直訳すると生活環の管理ですが、製品の企画から廃棄までをひとつの流れとして管理する手法です。従来は、企画、設計、製造、販売までで終了していた流れをさらに使用、再生または廃棄といった最終段階まで管理することによりトータルコストを抑え、環境負荷を下げる目的で行われます。

前の記事

GML

次の記事

SOx