CORINS

正式名称:COnstruction Records INformation Service
直訳すると工事記録情報サービスですが、工事実績情報サービスと呼んでいます。公共工事を受注した企業のうち、その工事が 500万円以上の場合は、契約単位でこのサービスに工事の内容を登録する必要があるのです。また、入札時にもこの内容が実績となるため適切な内容を登録しないと実績があるのに参加資格が得られないことにもなります。対象は公共工事なので官庁主体ですが、公益企業(ガスや電気等)も含まれるため、土木系企業はほぼ100%近くお世話になるシステムです。

前の記事

P3P

次の記事

EUC/EUD